綺麗に痩せたい、かっこよく引き締めたい、そんな方のためのダイエットの心得⑦【ストレッチはほどほどに】

春のトモトレパーソナルトレーニングキャンペーンIN武蔵小杉~ダイエット・筋肉増量・競技力向上~

4月末までに初回無料体験をした方限定!

1か月のセッション料金半額のキャンペーンです!

この春に楽しく効果的にトレーニングをしたい方、他のトレーニングジムに通ったけど効果があまりなかったという方、この機会にMAEDAGYMのトモトレをぜひお試しください!

 

みなさんこんにちは

パーソナルトレーナーの前田博俊です。

これは綺麗に痩せたい、かっこよく引き締めたいと思う方のためのブログです

ここでは

痩せる=細くなるではなく

痩せる=綺麗になる
痩せる=かっこよくなる
痩せる=健康になる

を重視してお話していきます

綺麗に痩せたい、かっこよく引き締めたい、そんな方のためのダイエットの心得⑦【ストレッチはほどほどに】

最初に結論から

本日ダイエットをしようとしているみなさんに知ってほしいことは

身体をすごく柔らかくしてもダイエットにはほとんどつながらない

ということです

ダイエットをして体重を落とそうと思ったら、日常生活のエネルギー消費量を増やすことが効果的です。

横になってテレビを見ているなら、起き上がってストレッチをするとか

止まっているよりはストレッチをした方がエネルギーを消費すると思います

しかし、身体がすごく柔らかくなったからといって痩せるわけではありません💦

実際にヨガのレッスンをやっているとベテランですごく身体が柔らかくても太っている人はたくさんいます

ストレッチ=運動

としてしまうと毎日ストレッチをしているから痩せるとか、ヨガに通っているから痩せると勘違いをしてしまいます( ;∀;)

全く運動をしていなくて太っていた人がストレッチやヨガを始めたら少しは痩せるかもしれませんが、はっきり言ってストレッチやヨガをどれだけやっても痩せません。

身体が柔らかくなるだけです

ただし、身体がすごく硬い人はストレッチをすることで筋トレの効果を上げることができます

例えば、もも裏が硬いことが原因でスクワットが正しいフォームで行うことが出来なかったり、肩甲骨周りが硬くて背中が動かない場合、筋トレで筋肉量を増やして代謝を上げることが難しくなってしまうので、必ずストレッチをしていただきたいです

極端に柔らかくしたとしても痩せないということです

身体が硬すぎるとトレーニングの効率を落としたり、腰痛などの痛みにつながることがあるので、

硬すぎる人は念入りにストレッチをやりましょう!👍

それほど硬くない人は痩せようと思ったらストレッチやヨガに時間を費やすよりも、筋トレやその他のトレーニングに時間を使った方が良いです

ダイエットをするならダンベル・バーベルを使ったトレーニングを60分以内で週2回、高強度のインターバルトレーニング20分以内週1回、毎日半身浴、通勤はできるだけ歩く、エレベーターは使わない、などがおススメです✨

身体が極端に硬い人は上記にプラスしてトレーニングの後に軽めのストレッチとお風呂から出た後に念入りなストレッチがオススメです!

どれだけストレッチをしても痩せませんが、

痩せて見た目が綺麗に引き締まったときに、いざ前屈をして手が床に届かないくらい硬かったら、見た目倒しで恥ずかしいです( ;∀;)

ストレッチは程よく行っていきましょう👊

武蔵小杉でダイエットをするならMAEDAGYMのスペシャルダイエットコースがオススメです!トレーニングだけでなく無理のない食事指導、個々に合わせたメニュー作成、家でもできる宿題など安心して痩せるプログラムです!

身体が硬い人は整体&パーソナルトレーニングコースで柔らかくして筋トレの効率をあげましょう!

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP