ヨガを始めるまえに

ヨガはサンスクリット語ユジュに由来し「結合」「~をつなぐ」「交わり」などの意味をもつ言葉です。
日本語ではサンスクリット語の発音の表記が難しいためヨーガと伸ばすこともあります。
インドの思想ではすべてのものに神が存在し、私たちの心はその1部に過ぎないと考えられています。

ヨガは完全なる自由を目指すための修行のことでその修行の中に瞑想や呼吸法(プラーナヤーマ)やポーズ(アーサナ)が含まれます。
完全なる自由とは生まれ変わらないことであると言われています。

ヨガの歴史はとても深く、語っていくと終わりが来ないでしょう。
ヨガについて深く学びたい方はヨガの経典「ヨーガ・スートラ」「ハタヨーガ・ブラディーピカー」などについて調べて見てください。

ちなみにヨガに興味を持ったらアイアンガー氏著,沖正弘さん監訳「ハタヨガの神髄」という本をおススメします。
とてもわかりやすくヨガについてまとめられています。ネット通販でも購入可能です。
cv
さて、ここからは僕の考えるヨガについて話していきます。
ヨガは世界中に広まり、いろいろなヨガが生まれてきました。

フィットネスクラブで行われるストレッチに近いヨガやパワーヨガ、ホットヨガ、先ほど紹介した本はアイアンガー氏の考えるヨガ、監訳をした沖正弘さんは古代のヨガにいろんな宗教や文化を合わせて沖ヨガを作りました。

このようにヨガは呼吸やアーサナは古代のままですが、ヨガをする人によって姿を変えるものだと思います。
どれが正解でどれが間違いはありません。
ヨガをしようと思ってしたことがすべてヨガになると思います。

誰でもできる、初心者でも大丈夫、硬いからやりましょう。

 

しかし、ヨガはその人にとって良いものでなければいけません。
ヨガをしたことで体調を崩したり、怪我をすることがあってはいけません。
そうならないために、ヨガをしながら人間の身体の正しい動き方や生活の仕方を学んでいきましょう。

インストラクター前田のヨガは
IMG_3397

「人間の正しい動きを中心に身体を変えるヨガ」

です。

 

k

s

g