MAEDAGYM日記 2020/11/29 筋トレ可動域

皆さんこんにちは。

合同会社MAEDAGYMのCEOであり、トレーナー兼インストラクター兼整体師の前田博俊です。

本日より思い付きでMAEDAGYM日記を始めます。


このHPが開設されたのは2016年8月、最初は身体を変えるヨガというタイトルでした。

懐かしいですね、

そのときからブログが長続きしたことは一度もありません、、、、、、

しかし、

HPを運営するにはブログは必要不可欠であり、

何とか書かなくては

と頭を悩ましておりました。

続かない原因は「テーマを考えすぎ」「文章を悩みすぎ」「写真に時間かかりすぎ」などです。

書くからには一生懸命書こうと思っていましたが、

結局続きませんでした、

そして整体トレーニングジムがオープンしてふと思ったのです。

「毎日仕事してんだからそのこと書けばいいじゃん」


ってことで日記にすることにしました(笑)

これならテーマを考える必要はなく、文章は適当でOK

写真は絵日記じゃないのでなしです( ゚Д゚)

文字を読んで想像してください。

むしろ

詳しく聞きたい方は整体トレーニングジムまで来てください(笑)

オンラインレッスンもありです。これなら全国展開✨

ということでよろしくお願いします!

ここからは本日埼玉出張先でパーソナルトレーニングを行ったAさんの話です。

フィットネスクラブ歴30年以上コロナ期間中も毎日ジョギングをしていたというAさん

素晴らしいですね(゚д゚)!

お会いするのは初めてでしたが、お友達の口コミで予約してくれたようです。


目的は30分で「家でできる下半身のトレーニングを教えてほしい」とのこと


きっと前田のパーソナルトレーニングを受けたことがある方はもう想像がつくと思います

もちろん

最初は

スクワットをやりました(笑)

最終的にはスクワットを含め4種目ほど運動方向に特化したメニューでお伝えしました。

このスクワットの時のお話です。

30年以上もトレーニングしてきているAさんですからスクワットと聞けば楽々と動いてくれました。

しかし

気になったのは可動域です。

小さいな

おしりが落ちていない

これでは大腿四頭筋(もも前)が楽をしている

っということで

おしりを膝の少し下までおとしてもらいました
※正確には骨盤の下前腸骨棘の位置が膝蓋骨の上部と同じ高さくらいです。

すると

楽々だったAさんも汗びっしょりで「スクワットってこんなにつらいの(*_*)」と

感想をいただきました

ついでにAさんは可動域を広げたことで筋力不足によるニーイン(膝が内側に入ること)も見つけることができました。

筋肉はできる限り大きく伸び縮みするようにトレーニングしてあげないと小さくしか動けないようになってしまいます。

筋トレはフォームが大事でありそのフォームが使いたい筋肉を大きく使えているかどうかで効果が変わってきます。

30年以上も運動をし続けていたAさんですら自己流になってしまうのです

だからこそ

たまーにでもチェックしていきたいですね

本日の日記はここまで!

またどれくらい続くかはわかりませんが、

暖かく見守ってください(笑)

それではまた!

おやすみなさいzzz

整体トレーニングジム MAEDAGYM
HP:http://yoga-training.jp/
TEL:050-5309-7559
アクセス:武蔵小杉駅より徒歩13分
責任者 前田博俊

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA