スポーツの間違った認識がこどもを不幸にする

フィットネストレーナーの前田です。

 

こどもにトップアスリートになってもらいたいと考える親って結構いると思います。

自分も1児の父親なのでよくわかります。

 

しかし、そうゆう大人の間違った認識によって子どもを不幸にしてしまうことを知っていますか?

 

 

 

野球やサッカーやバレイや新体操などスポーツはこどもの心身に良い影響を与えることは間違いないと思います。

ただし、一流のスポーツ選手を目指せば健康な人生を送れるわけではありません。

むしろ身体は一流を目指せば目指すほどにスポーツの特性に偏っていきます。

 

スポーツをすることで筋肉の上下左右のバランスの不均等や姿勢の崩れ、重い筋肉がつくことによる関節の負担や過度の柔軟による靭帯の負担など

競技特性によって体は負担を強いられます。

 

プロのアスリートになるところまでいけば体のことをよく知っている一流のトレーナーが付くので正しい関節の使い方や体幹の安定などから全身のアンバランスはある程度整っていくでしょう。

 

問題なのは、

プロになるまでのこどもが成長していく過程のなかのスポーツです。

これに関与してくる指導者は親や学校の先生、元アスリートなどが一般的ですが、

正直、これらの指導者でまともに解剖学や生理学や運動学を理解している人はこれっぽっちもいないでしょう。

身体のことを知らない大人が「スポーツをやればいいことばかりだ」「一流選手のようにトレーニングさせよう」「1番になってほしい」と指導してしまえばこどもたちの身体は悪くなっていく一方です。

 

野球を知っている・バレイを知っている・トレーニングを知っている

人間の身体を知っているのは同じではありません。

 

「自分は高校野球で甲子園に出たから息子にも同じようにトレーニングさせてプロ野球選手にしよう」

「うちの娘は才能があるからたくさん投資してバレイのコンクールで1位にさせよう」

「プロのアスリートになってもらいたいから小さい時からトレーニングさせよう」

 

こんな風に思っているのならまず、

人間の身体を勉強して骨や筋肉や関節を知ってください。

まだ成長しきっていないこどもの身体にどんな負担があるのかを知ってください。

プロになれなかったときや引退した後、大人になった息子、娘に一生残るかもしれない痛みのリスクを知ってください。

 

野球で付けた重たい筋肉は関節の動きを妨げ、関節の負担に繋がります。
バレイで身に付いた姿勢は過度な脊柱の伸展による腰痛やO脚の原因になります。
バレーボールやバスケットボールのような跳躍が必要な競技では過度の膝関節や足関節への負担による靭帯や軟骨の劣化が起こります。
テニスのような片手で行う競技では筋肉の左右のアンバランスが生まれます。
新体操やダンスのような表現を必要とする種目では過度な柔軟による関節の不安定や過可動による痛みや劣化が起こります。

 

これらはほんの一例にすぎません。

 

スポーツにはそれぞれ競技特性があり、小さいときから続けていくと必ず身体の負担やアンバランスが大人になった時に残ってきます。

 

自分のこどもを一流にしたい親はその負担が自分のこどもが大人になった時に治すことのできない痛みや代謝異常、体形の悪さに繋がってしまうことを理解してください。

 

そして、できるだけそうならないように人間の身体を学んでこどもたちの身体へのリスクを減らしてあげてください。

 

親がこどもを指導するときに読む本は「プロ野球選手になるための本」「アスリート向けのトレーニング本」ではありません。

 

人間発達学、運動学、生理学などの医学書です。

 

◇小さいころから野球をやり続け甲子園に行き野球推薦で就職をした50代の男性の筋肉はどれだけ効率の良いストレッチをしても伸びず、重い筋肉はそのままでメタボ対策の有酸素運動も膝が痛くて長時間できない。

◇長年バレイを習い続けた40代女性はO脚の状態で負担を強いられたことで膝の痛みが消えず、跳ぶトレーニングを行いすぎたことで太ももに大きな筋肉がつき、いざ脚を細くしたいと思って食事制限をかけても太ももだけ細いまま。

◇英才教育で新体操を習い続けた20代女性は過度な股関節の可動と膝関節のニーインによって出産後、ひどい腰痛と膝の不安定により立ったままで息子を抱っこすることも困難に。

 

これらは実際に自分がお会いして指導を行ったことがある方々ですが、同じような人ってたくさんいるのではないですか??

 

NSCAーCSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)

合同会社MAEDAGM 

CEO 前田博俊

 

 

 

 

 

 

納税漏れニュースに経営者として思うこと

フィットネストレーナーの前田です。

最近、人気お笑いコンビチュートリアルの徳井義実さんのニュースが流れていますね。

これについて同じように個人で会社を経営している一人として言いたいことを書きます。

このニュースで問題となっているのは、3年間で所得の約1億円を一切申告していなかったことです。

これに対して徳井さんは「ルーズだった」と答え、意図的に脱税しようとしたわけではなかったようです。

 

まず、この問題に物申してよいのは自分で申告をしっかりと行っている個人事業主や経営者だけだと思うのです。

 

そもそも、

雇われている従業員は申告などしなくても会社が勝手に申告をしてくれているのです。

「ちゃんと税金を払っているサラリーマンは怒るだろう」と書いてある記述を見ましたが、

 

自分で申告をせずに、知らないうちに勝手に税金を引かれているだけの人があれこれゆうのはおかしくないですか?

申告の大変さを知っている人がゆうなら納得ですが、

 

申告をするためには日々の帳簿付けや経理作業が必要なんですけど、

これが結構大変なんです。

 

しかも経理って1円の利益にもならないんです。

大きな会社の経理部とかで働いている人は給料をもらえていると思うので感覚が違うと思うのですが、

 

個人の会社だと経理って大変なくせに利益にならない

本当にやりたくない仕事なんですよ、、

まあやらないと徳井さんみたいにたくさんお金を払うことになりますが、、

 

申告をしなかったことに対して「ずるい、悪い」って怒る方もいると思うのですが、

自分は申告の大変さを知っているので「経理、大変ですよね、でもやらないといけないんですよね、会社やっている以上はがんばりましょう」って思うのです。

 

ルーズだったという言葉が嘘でわざと申告しなかったのならすべての納税者からたたかれてしまえってかんじです(笑)

 

実際に会計事務所や税理士事務所に適当な帳簿を持ってくる経営者は結構いるらしいです。

ということは正しく申告を行えていない会社って意外とあるんじゃない??
芸能人だから大きく取り上げられただけじゃない??
っというのが個人的意見です。

 

また、3年間無申告というのが引っかかっています。

普通無申告だったら催促の通知とか1年間無申告だった時点で増税されるものだと思うのです。

 

なのに3年間スルー、、

ニュースに書いていないだけで通知されていたらごめんなさい<(_ _)>

 

税務署って意外とルーズだと思っています。

 

これは個人事業主をやっていた時に思ったことです。

 

税務署って所得が1000万とか多いところにしか監査が入らないらしいです。

絶対ではないと思いますが、、、

 

一般の方は知っていますか??

フィットネス業界にはエアロビクスとかヨガをはじめとしたフリーランスになるための養成講座がたくさんあります。

 

しかし、その講座の中では確定申告や個人事業税のことはおしえてくれません。

青色申告の申請も教えてくれません。

トレーナーになるための講座でも教えてくれません。

 

それでみんなフリーランスになって業務委託で働きます。

 

じゃあ知らないままフリーランスになってしまった人たちが申告を正しく行えていると思いますか??

答えはNOです。

でも監査は入りません。

 

フィットネス業界では「経費を使えば節税できる」ということだけみんな知ってます。

 

きっと正しく申告を行うことができていない人がたくさんいるだろうと思うのですが、

監査が入って税金とられたというフリーランスの先輩に会ったことがありません。

 

自分の予想が正しいなら、

税務署もルーズじゃね??

消費税増やす前に正しく申告させて、正しく税金払わせた方がいいんじゃね??

って思ったのです。

 

まだ思うことはあるのですが長くなってしまったので1度切ります。

 

徳井さんは逮捕されたわけでも最終的に納税しなかったわけでもありません。
大々的にニュースにするなら逮捕されたり嘘がばれたときにしてほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

フィットネス座談会②

フィットネス座談会のお知らせ第2弾です!

内容は1回目と同じ、もしくは1回目での内容で疑問点や足りない部分を補足していきます!1回目の告知はクリック

「どんなことが聞けるの?」などご質問やお問い合わせもお気軽にご連絡ください。

info@yoga-training 050-5309-7559

フィットネス座談会のお知らせ

 

勉強会に出てくださっていたトレーナーの方の希望でフィットネス業界で働く方たち向けの座談会を開くこととなりました☆彡

最近勉強会は滞っておりましたが久しぶりに再会しようと思います!

アルバイトからある飲食店の店長を務め、フリーランスから会社の経営者になった経験から、

フィットネス業界にいると教えてくれないことが多いと感じました。

これからフィットネスで生きていこうとする方たちに向けて自分が困ったことや何とか解決したことなど話していこうと思います!!

人数によって場所や時間は若干変更になる可能性がありますが、、

ご興味ある方、参加希望の方はこちらへご連絡ください。

info@yoga-training 050-5309-7559

 

 

10月22日(火)イベントレッスン 骨盤調整ピラティス

フィットネストレーナーの前田博俊です。

MAEDAGYMとは別の仕事ですが、

メガロス錦糸町店にて有料のイベントレッスンを行うことになりました!

 

10月22日(火)15:05~16:05(60分間) 

有料イベント・骨盤調整ピラティス

場所:メガロス錦糸町店 

参加費:500円(税抜) 定員:35名 

メガロス錦糸町店の会員でない方は施設利用料が必要な場合があります。
詳しくはメガロス錦糸町店へお問い合わせください。

詳しいレッスン内容はここをクリック(^^)/


自分がスポーツクラブで有料で何かを行うことはあまりありませんが、

今回は今年だけの祝日ということでクラブとのタイミングが合いましたので
とても濃い内容にしようと思っております!

MAEDAGYMのセミナーや勉強会で話す内容も盛り込んだおトクな60分間です☆彡

メガロスのお客様はもちろん他クラブの方やトレーナー、インストラクターの方々もお待ちしております(^^)

当日は骨盤をもって登場する予定です!お楽しみに!

 

 

 

記録の重要性~フリーランスの時を振り返る~

フィットネストレーナーの前田です。

本日は雨天の中、会社役員として年金事務所の総合調査に行ってきました。

この調査は
会社の従業員の労働時間や給料から差し引いた所得税の納付が間違ってないかなどもろもろの記録を確認するために3,4年に1回行われているそうです。

我が社は、給料支給や源泉所得税の納付、帳簿や記録の作成などを
前田一人で行っているため、何かを質問されても簡単に答えることができまして10分ほどで終了(汗)

始めてだったので緊張しましたがスムーズでよかったです、、

社長としてまた一つ経験を積みました☆彡

他社のブースでは1時間くらい調査をしているところもあったようで、大手様はたいへんだなあと思っていたのですが、

ちょこちょこ聞こえてくるのは

調査員さん「○○の記録ありますか?」

他社さん「○○はつけていないです、」

従業員が増えてくると大変なのは当たり前ですが、

タイムカードにせよ賃金台帳にせよ

記録がないというのはとても大変なことです。

従業員が働いた証拠、給料を支払った証拠、税金を納付した証拠

この証拠になるわけですから、証拠がないということは相手に騙されたとしても反論できません。

マメに記録をつけることはとても重要だと思いました。

個人事業主のインストラクターとしてデビューしたのは4,5年前でしたがその時は帳簿も記録もほとんどつけていませんでした。

理由は、

誰かにやった方がいいといわれなかったからです。

フリーランスのインストラクターやトレーナーの先輩や知り合いから聞くのは、

「経費でたくさんお金使ってレシートや領収書を残しておくと払った税金が返ってくるよ❕」

「確定申告を青色申告にした方が税金得するよ❕」

こればかりでした、

誰もレッスンの記録や仕訳帳や総勘定元帳を付けた方がいいなんて聞いたこともありませんでした、

青色申告を行うには帳簿の作成と保存が義務付けられているのに、、、

本当に無知でした、、、、

会社を設立したおかげでいろいろと得したことはありますが、

簿記を全く知らなかった自分としては、いろいろな記録をしっかりつける大切さを知れたことが今後も役に立ちそうです。

今では複式簿記を独学で学んで会社の経理作業に活かしています。

収入が多い法人や個人事業主の中には税理士や会計士に丸投げすることもあるようですが、

税理士や会計士とある程度の話ができるくらいの知識は勉強しておいて損はないですし、

自分で自分のお金の流れを把握することは安定した経営につながると信じています!

まだまだ勉強することは山積みですが、今年の目標達成は間近なので踏ん張って頑張ります(^^)/

テレビ出演!

フィットネストレーナーの前田です。

8月2日の深夜に放送されたTV番組「NEWSな2人」にて、

MAEDAGYMの出張先のあけぼのばし自立研修センターが特集されました!

MAEDAGYMはここで仕事を探す人たちに働くための運動指導を行っています。

運動は健康への重要な要素です。

正しい運動を行うことで、身体に疲労が出づらく長く動くことができます。

最近ではこれらが収益を上げることが知られ健康経営に力を入れる企業も増えてきました。

MAEDAGYMはそのような企業に出張しヨガ、ピラティス、筋トレなどを駆使し働くことに特化した運動指導を行っています。

デスクワークや営業のような移動が多い仕事、立ち姿勢が多い受付業務、介護のような全身を使う仕事など、

様々な仕事に対して正しい運動方法やその仕事に活かすための運動指導を行います。

まだまだほんの小さな会社ですが、地道にコツコツと健康を必要とする人たちの力になれるように頑張ります!

MAEDAGYMの出張運動指導ご希望の方ははこちらの問い合わせよりお願いいたします!

MAEDAGYMのサポートトレーナー紹介!

フィットネストレーナーの前田です。

今回は我が社のサポートをしてくれているトレーナーの紹介です!

積み上げたフィットネス現場での経験を生かした健康のエキスパート

越知俊彦トレーナです!

越知トレーナーの指導を直接受けたいという方もご連絡お待ちしております!

空き時間は毎週金曜日の11:00~13:30,その他の時間も要相談です!

NSCA-CSCS取得!

フィットネストレーナーの前田です。

2018年中に目標にしていたNSCAジャパン認定のストレングス&コンディショニングスペシャリスト先日取得することができました!

普段のレッスンとセッションに合わせ、会社設立の準備をしつつの勉強でしたが、運も味方につけることができました(笑)

ストレングス&コンディショニングはスポーツパフォーマンスの向上を目的としたものなのでアスリートをメイン指導するトレーナー向けの資格です。

フィットネストレーナーとは働く現場が違いますが、身体のことを勉強したスペシャリストということは間違いありません。

新しく勉強した知識を今までの自分の知識と混合してさらなるMAEDA式を生み出そうと思います!!

フィットネス勉強会~上肢~

フィットネストレーナーの前田です。

合同会社MAEDAGYM主催フィットネス勉強会の告知です。

内容は2018年にも行ったものを少しボリュームアップして行います!
肩甲上腕関節をメインに上肢の関節可動域や働く筋肉について勉強しましょう!

今回は武蔵小杉駅から徒歩5分のグランツリーの中のレンタルサロンで行います!

フリーランスで活動している方、解剖学・運動学を学んだが現場での使い方に迷っている方おすすめの勉強会です。

少しでも興味がある方はお気軽にご連絡ください!!

アドレス:info@yoga-training.jp
TEL:050-5309-7559