アーサナ

wq

さあ、ヨガの修行の中でも一番知られている

アーサナ

について話していきますね

写真はウッティータパールシュヴァコーナアーサナ(体の側面を伸ばすポーズ)です。

アーサナはヨガの中でも身体を鍛える修行です。
雑誌によくある女性のヨガインストラクターのアーサナの写真を見るとこう思います。

柔らかい、美しい、綺麗、自分には難しい

でも、アーサナを完璧にこなす必要はありません。
ヨガとはで話しましたが、人によってヨガはそれぞれです。できる範囲内でやればいいんです。

ヨガを深めていくと、実際かなり無理をしないとできないようなアーサナもあります。

男女の差でいえば、女性は骨盤が外に開いており、男性は閉じているため、股関節の動く範囲が明らかに違います。無理をすると怪我に繋がってしまいます。

初心者の方は

この二つから始めてみましょう。qw

ヴィーラバドラアーサナⅡ
(戦士のポーズ2)

アーサナのポイント
・前足の膝とつま先は正面に向ける
・後ろの足は真横に向ける
・おへそと骨盤は真横に向ける
・両手ので体を引き裂くように伸ばす
・前足の膝はかかとの真上
・目線は正面へ
・肩を下げる

アーサナの効果
・胸を開いて心肺機能を高める
・下半身の強化
・股関節周りの筋を伸ばす

 

 

IMG_3032[1]
アンジャネーヤアーサナ
(三日月のポーズ)

アーサナのポイント
・前足のつま先と膝は正面に向ける
・前足の膝はかかとの真上
・後ろ足はできる限り後ろへ
・あごを上げすぎない(呼吸ができるくらい)
・お腹をへこまし、腰への負担を減らす
・肩を下げる
・両手の指先は伸びるように

アーサナの効果
・腸腰筋、股関節前側の筋を伸ばす
・内臓の調子を整える

 

 

とりあえず、試しに真似してやってみてください。左右両方やることも忘れずに。
一度ポーズができたらそのまま呼吸を止めずに20秒間静止してみましょう。
今回は二つのアーサナ左右両方やると単純に1セット80秒間です。
気持ちいいなーと思ったら3セット繰り返してみましょう。
この数分毎日続けていくと

疲れがとれた、肩こり腰痛が減った、柔らかくなった

ほんのちょっぴりこのような体の変化に気づくことができるかもしれません。

慣れてきたら静止時間を長くしたり、セットを増やしてみましょう。
自分で新しいアーサナを調べるのもいいですね。

でもそこまできたらあなたも僕と同じヨガが好きな一人です。
ヨガに興味を持ったら一緒にヨガをやりましょう。        

img_3388.jpg

 

h

df

g