MAEDAGYM日記2020/01/30呼吸はどっちで吸ってどっちで吐く?

みなさんこんばんは

トレーナーの前田です

もう1月も終わりますね

なんと早いことか

こんな感じで2021年もすぐ終わるのでしょうか(;^_^A

本日はヨガのレッスンの時に呼吸の話をしましたのでそのことについて書いていきます

トレーニングやヨガやピラティスなど運動には呼吸法というものがついてまわります

最近取材を受けた銀座のある会社のオフィスには瞑想ルームというのがあってそこで呼吸も行うのだとか

世の中は変わってきましたね

自分も以前はそうでしたが

呼吸のことを考えたこともないのが現代人の普通だと思います

とりあえず呼吸しなければ生きていけない

知っているのはこれくらいです

しかし

呼吸を変えるだけで人生が変わる

というと大げさですが( ´∀` )

意外とそうかもしれません

呼吸法だけで体調がよくなることがあります

呼吸法でスポーツパフォーマンスが上がります

呼吸法で自律神経が整い冷静になることで頭が冴えます

全集中の呼吸で硬い岩が切れます(笑)

ちょっとふざけましたが

これくらい呼吸はすごいんです

呼吸は吸って吐くという2つの運動のことをいいます

では

どこで吸ってどこで吐けば良いのか

今日はこれがメインです

筋トレをするときは重りを重力の方向に下すときに息を吸って
重力と反対方向に上げるときに吐きます

ピラティスでは動き始めで吸って吐きながら動きが終わるようにします

ヨガではポーズをとったら止まったままで細く長く吸って吐いてを繰り返します

これらは基本的なところになりますが

実際はどこで吸ってどこで吐いてもいいんです( ゚Д゚)

結局今日言いたいことはこれです

呼吸のメインは酸素と二酸化炭素のガス交換であり

生きるためのものです

何も考えなくても勝手に行われてます

でも

それは浅くて短い呼吸なので最低限生きるためには十分ですが

よりエネルギッシュに生きるためには意識的に大きく吸って大きく吐くことを繰り返すことが必要なのです

これが

肺の掃除し、呼吸をするときに働く筋肉を鍛え、自律神経を整えるというわけです

なので

結局はどこで吸ってどこで吐く?は重要でなく

意識的に吸って吐くを繰り返すことが重要なのです

今日のレッスン中、間違えて反対の呼吸をしたときに同じことを言いました(笑)

なんて説得力がないんでしょう(;^_^A

さすがに岩を切ることはできないかもしれませんが

様々な呼吸法を習得することは本当に人生を変えると思います

疑う方は呼吸法をお教えしますのでMAEDAGYMへ来てください(笑)

ベーシックコース60分5500円です💰

初回体験は無料です✨

それでは今日はこの辺で

おやすみなさい💤

武蔵小杉の整体トレーニングジム MAEDAGYM
HP:http://yoga-training.jp/
TEL:050-5309-7559
アクセス:武蔵小杉駅より徒歩13分 等々力緑地近く
責任者 前田博俊

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA