納税漏れニュースに経営者として思うこと

フィットネストレーナーの前田です。

最近、人気お笑いコンビチュートリアルの徳井義実さんのニュースが流れていますね。

これについて同じように個人で会社を経営している一人として言いたいことを書きます。

このニュースで問題となっているのは、3年間で所得の約1億円を一切申告していなかったことです。

これに対して徳井さんは「ルーズだった」と答え、意図的に脱税しようとしたわけではなかったようです。

 

まず、この問題に物申してよいのは自分で申告をしっかりと行っている個人事業主や経営者だけだと思うのです。

 

そもそも、

雇われている従業員は申告などしなくても会社が勝手に申告をしてくれているのです。

「ちゃんと税金を払っているサラリーマンは怒るだろう」と書いてある記述を見ましたが、

 

自分で申告をせずに、知らないうちに勝手に税金を引かれているだけの人があれこれゆうのはおかしくないですか?

申告の大変さを知っている人がいうなら納得ですが、

 

申告をするためには日々の帳簿付けや経理作業が必要なんですけど、

これが結構大変なんです。

 

しかも経理って1円の利益にもならないんです。

大きな会社の経理部とかで働いている人は給料をもらえていると思うので感覚が違うと思うのですが、

 

個人の会社だと経理って大変なくせに利益にならない

本当にやりたくない仕事なんですよ、、

まあやらないと徳井さんみたいにたくさんお金を払うことになりますが、、

 

申告をしなかったことに対して「ずるい、悪い」って怒る方もいると思うのですが、

自分は申告の大変さを知っているので「経理、大変ですよね、でもやらないといけないんですよね、会社やっているうちはがんばりましょう」って思うのです。

 

ルーズだったという言葉が嘘でわざと申告しなかったのならすべての納税者からたたかれてしまえってかんじです(笑)

 

実際に会計事務所や税理士事務所に適当な帳簿を持ってくる経営者は結構いるらしいです。

ということは正しく申告を行えていない会社って意外とあるんじゃない??
芸能人だから大きく取り上げられただけじゃない??
っというのが個人的意見です。

 

また、3年間無申告というのが引っかかっています。

普通無申告だったら催促の通知とか1年間無申告だった時点で増税されるものだと思うのです。

 

なのに3年間スルー、、

ニュースに書いていないだけで通知されていたらごめんなさい<(_ _)>

 

税務署って意外とルーズだと思っています。

 

これは個人事業主をやっていた時に思ったことです。

 

税務署って所得が1000万とか多いところにしか監査が入らないらしいです。

絶対ではないと思いますが、、、

 

一般の方は知っていますか??

フィットネス業界にはエアロビクスとかヨガをはじめとしたフリーランスになるための養成講座がたくさんあります。

 

しかし、その講座の中では確定申告や個人事業税のことはおしえてくれません。

青色申告の申請も教えてくれません。

トレーナーになるための講座でも教えてくれません。

 

それでみんなフリーランスになって業務委託で働きます。

 

じゃあ知らないままフリーランスになってしまった人たちが申告を正しく行えていると思いますか??

答えはNOです。

でも監査は入りません。

 

フィットネス業界では「経費を使えば節税できる」ということだけみんな知ってます。

 

きっと正しく申告を行うことができていない人がたくさんいるだろうと思うのですが、

監査が入って税金とられたというフリーランスの先輩に会ったことがありません。

 

自分の予想が正しいなら、

税務署もルーズじゃね??

消費税増やす前に正しく申告させて、正しく税金払わせた方がいいんじゃね??

って思ったのです。

 

まだ思うことはあるのですが長くなってしまったので1度切ります。

 

徳井さんは逮捕されたわけでも最終的に納税しなかったわけでもありません。
大々的にニュースにするなら逮捕されたり嘘がばれたときにしてほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA