なぜ、運動したり健康でいたほうがいいの??

美しい、綺麗、柔らかい、細い、理想の身体。あなたに心と体の変化を届けるインストラクターの前田博俊です。

スポーツクラブで働いていると、

大きな声で話したり、エアロビクスで軽快にステップを踏んだり、とても元気な高齢の方にふれあうことが多いです。

高齢社会になっていく世の中で、

元気な高齢者が増えたらいいなと思います。

スポーツクラブに通う高齢の人たちは、

いつまでも体が思い通りに動くように、

痛みがなく、スムーズな生活を送るために

運動をします。

20代、30代、40代の人はどうでしょうか?

20年後30年後の自分を想像できますか?

想像できる人はきっと何か対策をしているはずです。

そして、健康でいることは自分だけでなく周りの人にもいいことがあります。

病気になって病院にいくと、

医療費が使われますよね、

健康な人が増えると

使われる医療費が少なくなります。

そうすると、

余った医療費は

本当に医療費を必要とする人たちのために使われます。

重い病を抱えてしまっても一生懸命生きて、楽しみを探す人たちがいます。

そういう人たちにできるかぎり最高のケアをしたいと思っている医療者がたくさんいます。

でも、

たくさん勉強して、技術を磨いても

必ず、

お金の問題に直面します。

足が動かなくても、スムーズに動く車椅子があれば買い物にいけます。

いい車椅子であればあるほど高価です。

リクライニングがついているものは20万だとか、、、

タバコを吸ったり、豪酒をしたり

それをしなければ、

使わなくていい医療費を使ってしまっていると思いませんか?

それで、本当にお金が必要な人に使えない。

どれだけ、運動をしたり、食生活を気をつけても病気にはなります。

でもできるかぎり病気にならないように努力することが大切だと思います。

っと、ある施設の見学に行ったときに思ったことです。

自分が健康であるだけで、

親孝行になりますし、

周りの人も安心させることができます。

これが健康でいたほうがいい理由です。

  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ベジパワー

h

g

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA