前田のパーソナルトレー二ング〜負の因子の除去~

美しい、綺麗、柔らかい、細い、理想の身体。あなたに心と体の変化を届けるインストラクターの前田博俊です。

パーソナルトレーニングの~序章~から評価が長くなりましたが、

評価の次、

負の因子の除去についてです。

パーソナルトレーニングは様々な目的に合わせて行いますが、まずは直接的なトレーニングを行うよりも、

より効率をあげるため、効果アップに邪魔な因子はできるだけなくします。

例えば、

筋肉ムキムキになるのが目的の人が来たとします。

筋肉をつけるための直接的なアプローチは筋肥大(筋肉が大きくなること)のための筋トレですが、

筋トレをするときに正しいフォームができないと、効果は下がってしまいます。

正しいフォームができない理由は人によりますが、

筋肉の固さや体幹の弱さが原因なことが多いです。

そして、この筋肉の固さや体幹の弱さが、

負の因子ということになります。

目的は筋肥大ですが、

ストレッチをしたり、ピラティスのような体幹の安定を促すことで、負の因子をできる限りすくなくしてから目的に合わせたトレー二ングに入ります。

もちろん、負の因子はカウンセリングや動作分析で評価して判断します。

負の因子の除去を行うことでパーソナルトレーニングの効果をより高めることができます。

最近ではダイエットでも筋トレでも身体の機能性が重要視されているので、

姿勢や関節の動きをピックアップすることが増えています。

しかし、

負の因子は精神面や生活環境の中で見つかることもあります。

生活環境の中に不摂生や不安ごとがあるとトレーニングに影響します。

ストレス太りをしてからのダイエットは

まさに精神面が負の因子のため、

改善をしてからトレーニングに入らないと効果がでにくいでしょう。

負の因子には人によっていろんなものが当てはまるので、

効果がでにくい場合はいろんな観点からアプローチをかけてあげる必要があります。

もし、ダイエットやトレーニングがうまくいかない、イマイチ効果がでない人は、

同じことばかり繰り返すよりも、

自分の負の因子が何か考え、改善しましょう。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ベジパワー

h

g

 

 

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA