ヨガを裸足でするわけ

美しい、綺麗、柔らかい、細い、理想の身体。あなたに心と体の変化を届けるインストラクターの前田博俊です。

アーサナを行うときは裸足を推奨してます。

なぜかというとバランスがとりやすくなるからです。

アーサナには立って行うものが多くあります。

立っていると地面と接しているのは足の裏だけなので、足の裏で直に床やマットを感じることで全身が安定します。

アーサナだけでなく人間の運動や動きは身体の「安定」がないと十分に行うことができません。

バランスボールの上で前屈をしているのを想像してみてください。

床で前屈をした方がはるかに伸びますよね??

靴下のような滑って安定していない状態だと筋肉は十分に伸びてくれません。

ただブルクシャアーサナのようなバランスのアーサナを平衡感覚のトレーニングや体幹のトレーニングとして行う方は、逆に安定しづらい状態で行うのはありだと思います。

またお客様の中にはどうしても靴下を脱ぎたくない方はいらっしゃいます。
少しでもいやだなと思う方は裸足でする必要はありません。

堂々と胸を張ってアーサナをしましょう。

古代インド哲学の修行としてのヨガでは決まりごとがたくさんあったようですが。

今は現代で、ここは日本です(笑)

健康・フィットネス

これに無理は禁物ですよ。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

h

g

 

 

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA