ヨガは硬いとできないの?

美しい、綺麗、柔らかい、細い、理想の身体。あなたに心と体の変化を届けるインストラクターの前田博俊です。

ヨガは柔らかい人がするもの

そう思っていませんか??

スポーツクラブでレッスンしていると

「体が硬いからヨガのレッスンはちょっと、、、」

というのをよく聞きます。

いや、体が硬いならむしろヨガのアーサナで筋肉を緩めたほうがいいでしょう。

筋肉の硬さはひどくなれば腰痛や頭痛など痛みにつながります。

筋肉は意識的に伸ばしてあげないと加齢とともにどんどん硬くなっていきます。

10年後、今より体が動きづらくなっていることを想像してみましょう。
怖くてぞっとしませんか、、、?

いろいろなことが便利になって、運動量はどんどん少なくなって、体は硬くなっていきます。

どこかでストップさせないと、

とりあえず動こう!ジョギングから!テニスをしよう!フットサルをしよう!

いろいろ方法はありますが、硬くなった体では、やはり怪我をしやすいですね。
怪我をしたら結局やめてしまって逆効果、、、

その点アーサナは静的です。はじめやすく、怪我もしづらい。

また同じようなことをいいます。

体が硬い人こそヨガをしましょう!そして柔らかくなりましょう!

全くヨガをしたことがない人のために簡単なアーサナを紹介しています。
見たらやってみてください。

体験談をいいます。僕は柔らかくなりました。

もともと、身体が硬くヨガインストラクターの養成生の時はほんとうにつらかったんです。

でもつらいつらいといいながらアーサナをゆっくり、じんわりやっていると、

いつの間にかウッターナアーサナ(いわゆる前屈)でてのひらがぴったり付きました!

びっくり!感動!でした。

これは体がもともと柔らかい人にはない感動です(笑)

ぜひ自分の体が硬いと思う方はアーサナをしてみましょう。

qw

 

 

 

 

h

g

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA